雑記(主に政治や時事について)

雑記(主に政治や時事について)

日々の雑感。政治色が高い目。

日本を貶める日本人をあぶりだせ(タイトル原文ママ)

産経新聞異様な新聞であることはずっと知っていたが、ここまで来ているとは。

 

www.sankei.com

 

マルタでの女性記者殺害事件から、どうしてこのようなタイトルの記事が出来上がるのかさっぱりわからない。内容を読むともっと支離滅裂ではっきり言って要旨をつかむのが困難なほどである。

記事の流れはざっとこんなものだ。

  • マルタではジャーナリストが殺された。日本のほうがマシである。
  • なのに日本のほうが報道の自由度ランキングが低い! 反日日本人が暗躍しているせいだ!
  • 反日活動家によって日本の悪評が広まっている。何てことをしやがる!

固有名詞やらごちゃごちゃ書いているのを省けばこんな内容である。話のマクラとして、「日本のほうがジャーナリズムの自由が保証されている」と書きながら、最後の方では「反日活動家の連中(と、それに乗っかる反日マスコミの連中)め、テメエらなんてことをしやがる!」ってな結論になっており、このものすごく短い記事の中で、結論が矛盾し、主張が二股に裂けてしまっているのだ。*1

こんな記事をよく(一応)全国紙の看板コラムである「産経抄」のタイトルで載せられるものだ。こんなのを載せるくらいなら、今日一日落としてしまったほうがよほどマシだったのではないか?

 

それにこのタイトル。嫌に扇情的というか、まるで「フツ・パワー」を煽っているようではないか?

ルワンダ虐殺 - Wikipedia

 

産経新聞は、ラジオ・ルワンダとミルコリンヌ自由ラジオ・テレビジョン、どちらの役割を担いたいのだろうか?

反日日本人とやらをあぶり出して、その後はどうしてやりたいのだ? 文字通り火で炙りたいのか?

 

産経新聞ほど、日本人に対して攻撃的な記事を書く新聞は見たことがない。朝日新聞赤旗が、「国内の極右を炙り出せ」などといったタイトルの記事を書いているのを見たことはない。

産経新聞の中では日本人の中に、親日日本人と反日日本人の2つの階級があり、できれば日本国内で内戦でもやって、親日日本人の側だけ残すようにしたいと考えているのではないだろうか? 何しろ同じ日本人の中から、「炙り出せ」などと、看板コラムで主張するのだから。*2

 

反日マスコミ」などという恥ずかしいワードがあるが、自分に言わせれば、産経新聞が一番反日本人のマスメディアである。

*1:野暮を承知で一応説明すると、「日本のほうが報道の自由があるのだ」と女性記者殺害を引き合いに言いながら、全体的な主張が「反日マスコミにより反日活動家の主張が世界に広がってしまっている」になっているので、「報道の自由を重んじたいのか、産経の主張するような『国益』を重んじたいのか、一体どうしたいのだ?」となってしまい、冒頭の話と記事全体の主張が二股に避けていると、表現した次第。

*2:ちなみに、親日日本人と反日日本人の内戦が行われ、終わったとしよう。産経新聞は、また新たなる反日日本人を見つけ出し、開戦を煽るはずである。日本人が最後の一人(多分安倍晋三だけ)になるまで、反日日本人を見つけ出そうとするはずである。民族の中から「裏切り者」をあぶり出し、一人残らず消そうという試みは、そういう結果を生むのである

安倍晋三と君が代

10/16、大阪梅田で安倍晋三の選挙演説の際、バイオリンの伴奏により、聴衆が君が代を歌ったそうだ。

 


【衆院選】安倍総理 ごく自然に『君が代』歌いだす聴衆…大阪有権者は真の日本人の心意気を態度でしめした【街頭演説】

 


2017/10/16大阪梅田 安倍首相・中山泰秀候補選挙演説前の君が代演奏

 

君が代自体に対する忌避感は自分にはない。小学校の頃から歌詞もメロディーもちゃんと把握しているし、和洋折衷な旋律を持つ、面白い曲だと思っていた。また、自分が通っていた学校では、君が代斉唱で起立するだのしないだのという騒ぎについては、記憶している範囲ではなかった。

 

だが、この選挙の中で歌われる君が代は、いかにも異様に自分には映る。そして、この異様な状況を平然と受け止めている安倍晋三自民党にも、とても異様なものを感じる。

 

まず、君が代の「君」とは天皇のことである。すなわち、君が代とは天皇の治世が千代に八千代に続くことを祈る歌であり、国家の安寧を願う歌である。また、日本国の正式な国歌でもある。だから、国家的な行事であったり、国際的なスポーツイベントなどで歌われるものなのである。

 

で、当たり前なことを散々書き連ねたが、安倍晋三の演説における君が代である。これはただの選挙演説のワンシーンである。自民党のイチ議員の勝利のために、安倍晋三が応援に駆けつけた。ただそれだけのことのはずである。

で、当たり前のことをまた書くが、安倍晋三天皇ではなく、自民党も国家ではないのである。

 

なのに君が代。それを平然と受け止める安倍と自民党。その周りの聴衆。いつの間に日本はこんなにカルト臭い国家になったのか。

この君が代を好意的に受け止める連中の反応は、更にこうである。

 

 

 

なるほど。「呪文」や「魔除け」か。宗教なのだから、さもありなん。他の政党を支持するものは彼らにとっては邪教徒のたぐいなのだから、燃やされても当然ということなのだろう。

また、「妨害封じハート隊」というのは、ハートに「ガンバレ」と書かれたプラカードを掲げる、安倍応援団らしい。*1

f:id:po_jama_people:20171018224223j:plain

 

このハートマークなんて、俺には森田芳光の「ときめきに死す」で、宗教団体の信者が掲げた緑のハートマークの旗が連想され、一層カルト臭さを感じてしまい、もうお腹いっぱいである。*2

 

ときめきに死す Blu-ray

ときめきに死す Blu-ray

 

 

www.youtube.com

 

f:id:po_jama_people:20171018225719j:plain

 

こういうカルト臭さ、指摘する人いないのかなぁ……いたら自民党、こんなことになってないか。

 

創価学会を支持母体とする公明党も、まさか連立の相手が、安倍晋三を御本尊とする新興宗教が支持母体に変貌するとは、想像しなかっただろう。

 

宗教国家・安倍晋三真理国。日本全国の家庭に、安倍晋三の「御真影」を飾るよう強制する日も近いのかもしれない。

*1:森友学園のあとに「ガンバレ」とは、嫌がらせのつもりか? と一瞬勘ぐってしまったが、どうやら本気で応援しているらしい。

*2:原作は丸山健二の小説。丸山健二版と森田芳光版。ベースは同じだが、全く別と言っていいくらい違う作品だ。どちらも傑作なので、興味があったらぜひ見ていただきたい。

#東京大作戦1014 に混ざっていたヤロー(小林よしのりについて)

昨日午後14時頃、新宿東南口で、立憲民主党海江田万里に対する大規模な応援演説が行われた。会場は熱気に包まれ、聴衆は見る見る間に膨れ上がった。

 

f:id:po_jama_people:20171015154508j:plain

f:id:po_jama_people:20171015155005j:plain

 

 

喉に刺さった小骨

野党の応援演説がこれほどの熱気に包まれているのを見るのは、自分としては初めてだった。また、動員をかけているのかどうかは、当然自分には知り得ないことだが、感覚的には、たまたま東南口に降りた人たちが、足を止めて聞き入っているのが多いと感じた。

自分は新宿に住んでいるので、せっかく近所だしと、自宅から歩いて何となく見に行ってきた。大階段の上の方に陣取ることになってしまったので、言っていることが聞き取れない部分も多かったが、この熱気を見るだに、立憲民主党はかなり健闘するだろうと思った。

 

さて、このエントリーの主題は、この応援演説におけるハイライトである、枝野幸男の演説では、ない。あとで演説の文面をネットで拾い読みなどして、なるほどよい演説だと思ったりもした。だが、器がおちょこ並みに小さい自分としては、どうしても喉に刺さった小骨について語りたくなってしまう。

 

喉に刺さった小骨とは、小林よしのり、テメエだ!

 

最近は民進党や立憲民主党にすりよって、日本会議界隈やネトウヨには距離を置くようなポーズを取っているが、今の、特にネットを中心とした言論の無残な状況は、全てテメエが原因なんだよ!

 

小林よしのりの「スタイル」とネット右翼の親和性

まず、勘違いしてもらっては困るのは、世論が右傾化してしまったことを自分は憂いている・恨んでいるのではないということだ。大体自分は堂々と人に左翼だと名乗り、思想に偏りがあると認めているので、世論のバランスが悪いだのなんのという事や、右翼の台頭など、そんな事はどうでもいいのである。むしろ話ができる右翼はアホみたいな左翼より大変好ましいと考えている。

自分が憂いているのは、小林よしのりが生み出した「スタイル」が世間に蔓延し、特にネットを中心とした言論において中心的なスタイルとなっている点である。

そもそも小林よしのりネット右翼を生み出した背景は、単に彼が「戦争論」で描いたような事が、出版した当時新鮮だったというのが理由ではない。

 

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

 

 

思想的な広がりを見せることはなかったが、小林よしのりが書いていた程度のことは、それまでも「正論」やら「諸君」やらに書いてあった。

だが、実際小林よしのりが書くことで大きく広がりを見せた。それはなぜかというと、自分に言わせれば、彼の表現スタイルにこそ理由があるのだ。

 

ネット右翼とは、小林よしのりのようなスタイルで右派的な心情を語る人々の事である

小林よしのりは、「戦争論」以前もそうだったが、下記のような非常に扇情的な手法を用いて自身の「思想」を語る漫画家だ。自分に言わせれば、これこそ現代の言論の分断状況を生み出している元凶である。

 

思想的に敵対する人物を見苦しく描き、矮小化する表現

辻元清美福島瑞穂など、どれだけ見苦しく描かれたか。名前も時に「辻ボートピス美」などと呼んでいたりした。最近は小林よしのりと辻元の間で付き合いが多いようだが、辻元清美の器のデカさに救われているだけである。よく食事の席に同席できるものだ。*1

小林よしのりが右傾化する前は西部邁など3頭身になったり散々矮小化して描かれたりしたが、右傾化後は普通のビジュアルでしか出てこなくなった。

先に上げた辻元も、以前はこんなビジュアルで出していたのに*2

f:id:po_jama_people:20171015171542j:plain

 

最近はこんなビジュアルで登場するようである。罪滅ぼしのつもりなのか知らんが、なんぼなんでも美化しすぎやw*3

f:id:po_jama_people:20171015171602j:plain

 

特定のキーワードを愚者の象徴として連呼しレッテル貼り

サヨク」という言葉を最初に使ったのは島田雅彦の「優しいサヨクのための嬉遊曲」だろうが、世間に浸透させたのは間違いなく小林よしのりだろう。

戦争論以降、特にこのキーワードは多用され、議論を切断し、相手に愚者としてのレッテルを貼るためのキーワードとして用いられていたのだ。「XXXはサヨク!」と叫ぶだけで何かを論破したような爽快感をあちこちに与えていた。

ネット右翼が盛んに「サヨク」「左巻き」などと今でもいうのは、小林よしのりの残した影響なのだ。*4*5

そして、そのキーワードで相手を罵倒し、自分を特定のキーワードで守ろうとする愚劣な手法は、#東京大作戦1014において、小林よしのりは応援演説においても使っていた。

 

「なぜ保守のワシが枝野氏を応援するか。それは、希望の党自民党も保守じゃないからだ。枝野氏の方がもっと保守だ」

 

自分はこの言葉を聞いた瞬間に呆れてしまった。

 

 

保守は、応援すべき正義の旗印であると。保守=正しい、脊髄反射レベルの思考回路がなければ、様々な思想を持つ人々の前で行う応援演説において、このような言葉は出てこないのである。

 

分断を生んだ男、小林よしのり

レッテル貼りと卑小化・矮小化、これらはネット右翼が十八番とする手法であり、というか彼らの言論活動にはこれしかない。中身の思想などなく、はっきり言ってあとは心情をダラダラ垂れ流しているだけである。*6

「すべての事は、サヨクを鏡とし、サヨクと逆の事をすれば全てが正しい」というのが彼らの原理であり、安倍晋三がネットで過大に支持されるのもその結果にすぎない。

そして、レッテル貼りも卑小化・矮小化も、つまるところ議論を切断し、「内容なんてどうでもいいけど、あいつはとにかくXXXなんだから、俺らのほうが正しい」と言うための手法なのである。これらは全て、ネット右翼小林よしのりから学んだ手法なのである。

もっと言えば、これらは左翼も含めた運動家のプロパガンダの手法でもある。小林よしのり日本会議の連中のようにこれを右側に応用し、しかも大衆にわかりやすいように漫画という媒体を用いて行ったのである。

 

小林よしのりの演説の後で、枝野幸男はこのように聴衆に語りかけた。

 

立憲民主党 枝野代表 演説全文(10月14日新宿)

でも数を持っているから、国民に知らせなくていい、説明しなくていい。反対意見は切り捨てる。これは本当の民主主義ではありません。 こんな上からの政治だから、国民の政治離れ、政治不信が高まっていて、これまた社会を分断しているんじゃないでしょうか皆さん。

 

誠に正しいことを言っている。

 

一方で小林よしのりは、漫画という媒体を通じてこういう事を繰り返し世間に語りかけていたのである。

 

「あいつらが何か言っているけど、結局サヨクの言うことなのだから、どうせアホな事を言っているだけなのだから、聞く必要はないよ」

 

世相が分断され、あらゆる政治的課題の議論が「いかに格好良く相手を切り捨てるところを世間に見せるか」という、安倍晋三や維新の会の面々に見られるような、非常に卑劣で愚劣なスタイルになっていったのは、

小林よしのり、テメエのせいだ!

*1:知らない人のために一応解説すると、辻元清美は「ピースボート」の立ち上げ人の一人である。大学時代に立ち上げた、学生ベンチャーである。大学生でありながら世界一周の旅のベンチャーを立ち上げようとは、スケールのでかい話だ

*2:しかも名前間違えてるw

*3:民進党を裏切った細野は今後どんなビジュアルで登場するんですかね?w

*4:「うす甘い」とかもよく使ってたね。あと、キーワードではないが愚者サヨクを表現するのに、お花畑もよく描いていた。ネトウヨのよく使うキーワードの多くは、小林よしのりが浸透させたと言っても良い

*5:戦争論の中では「チャンコロ」なんてのも使われていたと思う。当時を再現する意味で。ネトウヨはアホだから、そういうのを現代の街で使っても良いと思い込み、ヘイトスピーチが街に溢れ出る契機にもなったと思う

*6:三島由紀夫は「右翼とは、思想ではなくて、純粋に心情の問題である」と言ったようである。三島由紀夫に言わせれば、彼らがダラダラと心情を垂れ流すのは右翼としておかしくはないのかもしれないし、もし三島由紀夫が今も生きていたら、ネトウヨ化……しないかな流石にw

安倍政権によるGDP改竄疑惑?(2008SNA対応のどさくさに紛れて)

GDP基準の2008SNA対応

かなり地味にしか報じられていなかった気がするが、GDPの統計値の数値の取り方が変わったのは去年の12月。

www.sankei.com

 

この基準の改定で、GDPが大きく嵩上げされた。この基準改定の主な内容は、GDP実質GDPの基準年を平成17年から平成23年に変更したことと、算出基準を2008SNAという基準に変更したこと。改定の概要は下記を参照。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h27/sankou/pdf/point20161222.pdf

 

2008SNA対応は他の国でも実施しているもので、内容は基本的に納得の行くもの。何しろこれまで下記がGDPに組み込まれていなかったというのだから。

  • 研究開発費
  • 防衛装備品
  • 不動産仲介手数料

特に研究開発費による嵩上げ効果は大きかったとされる。で、その後にこのアピールである。

f:id:po_jama_people:20171014122919j:plain

適当な数字をでっち上げることに関して、自民党の右に出る組織はありませんな。自分らで数字の基準変えて、31兆円嵩上げしてるのに、このアピールぶりw

 

だが、この嵩上げの動きに目をつけ、さっき挙げた嵩上げ箇所とは別のところに、怪しい箇所を見つけた方がいらっしゃった。

 

GDP改竄疑惑?

blog.monoshirin.com

 

基準の改定は2008SNAへの対応にとどまらず、下記のこともやっている。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h27/sankou/pdf/point20161222.pdf

③ また、各種の概念・定義の変更や推計手法の開発等も実施
 • 国際比較可能性を踏まえた経済活動別分類の変更(サービス業の詳細化等)
 • 供給・使用表(SUT)の枠組みを活用した新たな推計手法
 • 建設部門の産出額の新たな推計手法              等

 

日本語でOK?」となりそうになるが、ポイントは「等」の部分。諸々色々入っているが、どうもここの部分の数値、安倍政権以降についてだけ、凄まじい数値の嵩上げ率になっているというのである。

詳しくは、先程あげたモノシリンこと明石順平氏のブログを読むか、下記書籍を買い求めてほしい。

 

私も買って読んだ。筆者は経済学者でも経済評論家でもない弁護士だが、経済に関する諸々の解説は私の実感ともマッチしていて、「ああ、間違いないわ」という感じで分かりやすかった。少なくとも、安倍政権がアベノミクスについて散々宣伝していた「物価が上がれば賃金が上がる」という因果関係がフワフワしている話より分かりやすかった。

そして、GDP嵩上げの話。正直凄すぎて、ちょっと半信半疑な部分もある。だが、統計のネタ自体はどうもインチキでもなさそうなのである。

 

誰か否定してくれ……。

GDPは積み上げで出している数字である。積み上げで出している以上、明細が存在しないことはありえない。つまり、改竄すれば基本的にバレる数字なのである。

官僚は、日本で最も優秀な学歴エリートを集めた、最強のエリート集団である。彼らはそのことを自覚し、誇りを感じながら仕事をしているはずである。基本的に官は政に従属するものなので、彼らは政治家や時の権力者に忠実ではあるが、それは自分たちの役目をそうわきまえているからに過ぎないはずである。

たとえ安倍政権に要請されたとはいえ、ちょっと突けばすぐバレるような数字のウソを、日本最強のエリート集団である彼らがやるだろうか……? 安倍など「総理、それは流石に不可能でございます」といなすことくらいできるはずだ。自分が半信半疑になるポイントはそこである。

官僚の誇りとかそんなレベルの精神論ではない。やればバレるに決まっているし、程度が低すぎる。いくらインチキするのでもここじゃない。大体、GDPとは国家の基礎的な統計である。GDPを改竄するような国家が、先進国など名乗れるはずがない。

 

だが、明石氏のブログや著作に出てきた諸々を見ると、どうも「やったな」としか思えないのだ。それは言ってしまえば、「日本人はその最高レベルのエリートすら、調べれば誰にでもわかる嘘をやってしまうような、程度の低い民族だった」という事を証明することになってしまうのだ。これでは安倍政権を日本人が選ぶのも納得できる。

 

誰か具体的な根拠をあげて、明石氏の意見を否定してほしい。明石氏は「絶望してはならない」と言っているが、GDPを改竄するような民族に、未来などあろうはずがない。

絶対に落選させるべき候補者 長谷川豊

f:id:po_jama_people:20171011184239j:plain

 

長谷川豊とはどういう人物か。端的に言えば、上記の写真がすべてを物語っている。「自堕落が原因で罹患した人工透析患者は殺せ」という異常な思想を持っている男である。また、その異常な思想表明が批判を受けたことに対して、「すごい燃えたんですよ(笑)」などという反応を返すことができる。そういう人物である。

そして、国政政党たる日本維新の会は、その長谷川豊を千葉4区で衆議院議員の候補者として承認し、比例名簿同率一位を与えたのである。

 

 

フリーアナウンサーという肩書を持ちながらこの様な発言を堂々とできるとは、異常としか言いようがない。しかも「炎上商法で儲けた金があるので」などと抜かしている。

 

www.huffingtonpost.jp

 

テレビのレギュラー週8本より炎上商法のほうが儲かるのかについてはよく分からんが、商売としてどっちのほうが社会的な信用を得られるのかは、誰が見ても明らかだろう。

社会的信用など屁でもなく、そのことを公言してはばからない。そういう人物を維新は公認し、比例名簿1位を与えたのである。

 

長谷川豊の問題は上記発言だけに留まらない。投票権の制限まで提唱し、テレビ上で選挙妨害を行ったこともある。

www.zakzak.co.jp

blog.goo.ne.jp

「透析患者は殺せ」にせよ、「60歳以上は選挙権を剥奪」にせよ、権利の制限や剥奪に強い執着を見せる人物であることがよく分かる。

そして、テレビ上でのデマ。橋本府政の誕生に大いに貢献したことは間違いない。そして、そのご褒美として、維新は公認し、比例名簿1位を与えたのである。

 

フジテレビのアナウンサーとして活躍していたのだが、色々と不明な経緯があり退社。*1

フリーアナウンサーとしてレギュラー週8本で稼いでいたのが、ブログの暴言で仕事を失い、最後に縋るは維新ということか。

今回の選挙戦は、長谷川にとって絶対に負けられない就職活動ということになる。

 

それにしても長谷川豊、問題の構造が、維新の会の面々も含めた、安倍晋三を取り巻く人々のいろんな構造とよく似ている。

  • 他人の権利を制限することに対する執着
  • デマでも不正な手段でも、何らかの「貢献」をした者に対する、ベッタリとした温情主義*2
  • 自分の起こしたトラブルの結果に対して、あくまで被害者ポジションを取ろうとする精神性

 

現代の保守を名乗る人間の多くがこうだ。政治家になる前であるにも関わらず、長谷川から漂う、現代保守政治家の腐臭。下記にも書いた、同じ日本の精神の暗渠から臭う腐臭と同じものである。

po-jama-people.hatenablog.com

 

長谷川豊、彼だけは絶対当選させてはいけない小選挙区だけではなく、比例でもだ。特に、千葉県内の人工透析患者を家族に持つ方々には、何らかのアクションを起こして頂きたい。*3

維新はこれまでの採決の経緯などからも分かる通り、野党でありながら野党でない、自民党に近い価値観を持った政党である。この選挙後の情勢次第では、自公維政権になるのではないかとも言われているのだ。*4

つまり、長谷川豊が当選した暁には、本当に5年~10年とかそれくらいの近い将来に、人工透析が全員実費負担になる世の中が来るかもしれないのだ。

*1:芸能ゴシップネタでしかないので真相は不明だが、フジテレビ退社についても、会社の金の使い込みが原因なのではなかったかとのこと。少なくともそのような噂がバラ撒かれ、マスコミに流されるほど、フジテレビ内でも嫌われていたということだ

*2:籠池もこんな感じに保守業界に寵愛され、そして「貢献できない」となった瞬間に、あっさり切断処理されたのである。

*3:同率一位である以上、当選するか否かは小選挙区での惜敗率如何になる

*4:あるいはそこに、希望もくっつくかも

朝日は報じないXXX → それ、報じてますけど というネトウヨや安倍ちゃんのいつものアレ

f:id:po_jama_people:20171009085721j:plain

「全く報道していない」と、大勢の記者の前で堂々と大嘘をつく総理大臣

 

まあ、いつもの発作です。

 

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

 

「報道しない自由」といういつものネトウヨの発作

そもそもある事象に対してどういう報道スタンスを取るかは、その会社の判断に基づくものになる。紙面に割ける量はコストと値段からしても限られているのだから当然である。「報道しない自由」などという用語がネトウヨ界にはさんざん出回っているが、「報道しない自由」なんて物は「報道の自由」とセットで当然存在しているに決っているではないか。

それに対し総理大臣が口を出すというのは、実質的に衆目の前でマスメディアに圧力をかけたということになるわけだが、報道各社の反応はなんとも鈍い。それどころか総理の発言にお追従してしまう新聞社がいるのは嘆かわしい。

www.sankei.com

 

「全く」から「少ない」にゴールポストを動かしている感がありますが、すべての会社が産経新聞と似たような紙面作るようになったら、夕刊すら存在しない産経新聞なんて一瞬で潰れると思いますが、それでいいんですかね? 大体あんな分量が薄っぺらい紙面しか作れない産経新聞が「報道しない自由」とか、笑っちゃうわけですが。

 

加計学園問題の本質となんの関係もない加戸発言

そもそも加戸の発言が取り上げられないのは当たり前の話である。加計学園問題について、加戸発言は何らニュースバリューのない発言だからである。

f:id:po_jama_people:20171009091201j:plain

 

国会で言っていたことと、この紙面で言っていることは大体同じである。加戸の主張は煎じ詰めれば下記の3行に収まる。

  • 自治体としては獣医師不足に困っていて、獣医学部を欲しがっていた。
  • そこに一番手で手を上げてくれたのは加計学園であり、自治体として大いに歓迎していた。
  • 自治体としてはどこに決まっても問題はないが、加計学園がずっと手を上げ続けてきてくれていたことに感謝しているし、計画の内容についても評価している。

 

自分に言わせれば「だから何?」という話である。

加計学園問題の本質は、文部科学省加計学園の承認をしようとするプロセスに、総理が私的交友関係から横槍を入れ、本来取られるべきプロセスが取られず、適正に審査されなかった、という事である。

本来あるべき承認プロセスが、総理の私的交友関係から歪められるということが認められるようになれば、本件に限らず今後も税金が総理の私的関係者の事業にばら撒かれるということになる。そして、その税金は本来、貧しい人や、職を求めている人など、困っている人に国が手を差し伸べるために使われるべき金ではなかったのか? という問題なのである。

従って、加戸の訴える地元自治体の主張は、自治体の主張としては理解できるが、そもそも加計学園問題の本質となんの関係もない話である。それどころか、加計学園問題を感情レベルの問題に落としてしまう為、報じるべき内容とも言えないのである。

 

問題を感情レベルの話にすり替える手法

と言うか、安倍ちゃんやそれにお追従する人々は、行政や立法の重要な問題を、極めて狭い局面における感情レベルの問題に矮小化し、自分に優位な話に持っていこうとする手法を常に用いている。*1

非常にわかりやすいのが、先日の党首討論での安倍ちゃんの憲法改正についての発言である。

www.buzzfeed.com

国民の多くがその存在意義を認め、歴代政府も現行憲法下でも合憲と説明してきた自衛隊を、なぜ改めて憲法に記す必要があるのか。

安倍首相が繰り返したのは、論理とは懸け離れた感情論だった。

自衛隊員の気持ち、子供達の気持ちを考えてほしい」

大筋で、こんな話だ。

《24時間365日、国民の命を守っている自衛隊。しかし、憲法学者違憲の疑いがあるといい、教科書にもその記述が載っている。

自衛隊員の子供たちは、その下で学んでいる現実がある。私たちの世代の責任で、不毛な論争をなくしたい。》

 

 

全く矮小で、話にならない感情論である。そもそも東日本大震災も経て、自衛隊に感謝していない国民などいるのだろうか? いるにしても、ものすごく小さい範囲の話なのであり、そんな事のために、国民投票まで実施し、憲法を改正するのか?

大体自民党はずっと自衛隊は合憲であると主張してきたのだから、その筋で今すぐに憲法学者と正面から議論をすればいいだけの話である。であるにも関わらず、上記引用のような感情論を持ち出すのは、安倍晋三憲法改正の議論を真正面からやっても負けると考えているからである。

いつもこのような手法で、重要な問題についての議論を真正面からやることを避け、人の感情を喚起し、あるいは人々を分断して、自分のいいように結論を持っていく事で、行政や立法のプロセスを歪めながら、政権にとっての難局を乗り切る。それが安倍政権の政治なのである。

*1:ここで勘違いしてはいけないのは、自分が「政治は感情レベルの問題を気にしてはいけない」と主張しているわけではない。「政治レベルの問題を感情レベルの問題に意図的に落として矮小化してはいけない」という主張である。

国難(安倍ちゃん)のゲリラ演説について

f:id:po_jama_people:20171007091248j:plain

 

最近ではすっかり「国難」というアダ名まで定着してしまった安倍ちゃんですが、国民どころか自民党員の期待すら裏切る姿勢、相変わらずの模様ですな。*1

lite-ra.com

 

ゲリラ演説という意味不明な行為

まず、普通に考えて、総理大臣が演説に来るっていうのは、政権与党のものすごく強力なカードじゃないですか。なんたって小学生でも知ってくらい、日本でいちばん有名な政治家なわけですから。で、その人が来るから「どんなこと言うんだ?」って、政治なんて関心のない人でも見に来てくれる。そのために、たくさん人を集めて色んな人に話を聞いてもらうために、街頭にあんな派手な車を出して演説するんですから、どう考えたって事前に宣伝するわけですよ。

ところが国難先生こと安倍総理は、聴衆のヤジなどを恐れて人を集めないようにして演説をやるという。人集めないのに演説をやる??? なぜ?????wwwww

 

そもそも演説とは、その語義からして、大勢の人の前でするのが前提になっている行為である。

dictionary.goo.ne.jp

 

総理大臣が安全に聴衆の前に立つために、大勢のスタッフをかき集めて、大量の警察官も動員しているのである(もちろん警察官の給料は税金で賄われている)。

それで演説をやっているはずだというのに、なんとその演説は、大量の人が来て政権批判をやられないように、ゲリラでやるというのであるw 完全に意味不明。金とリソースの無駄。つーか、何がやりたいのか全然分からんwww

 

それにしても、国難ゲリラライブこと、安倍ちゃんゲリラ演説のために敷かれたこのシフトを見てくださいな。*2

f:id:po_jama_people:20171007094114j:plain

完全防御とはこのことであります。つーか、街宣車に書かれている「守り抜く」の文字がいい味出してます。守り抜かれてるのお前じゃんw

こんな距離なら、物投げたって絶対届かないし、ヤジだって遠すぎて誰が言ってるのか分からないはず。つーか、聴衆からしても街宣カーが遠すぎて、誰が喋ってるのかもう良く分からない思うんですよね。

告知もしないし、遠すぎてお互いに姿がよく見えない街頭演説。それ、なんの意味があってやってるんですかね?

こんなに遠いんだったら、似た顔と声で、似たような喋り方してたら気付かれないと思うし、いっそ安倍ちゃん自身が演説するのやめて、ザ・ニュースペーパーの福本ヒデにやらせてあげれば良いじゃんw 安倍政権以降、ザ・ニュースペーパーはテレビに呼んでもらえず不遇みたいだし、いい罪滅ぼしになるはずだ。

f:id:po_jama_people:20171007094738j:plain

 

ゲリラ演説の意味するもの - 政治家の職能

演説の目的とは、もちろん大勢の前で自説を述べ、納得して頂くことがまず1番目だが、政治家が街頭で演説をする場合、もう一つの目的がある。それは、聴衆の反応を伺うことで、テレビや政党の行う支持率調査の数字などでは測れない、大衆の機微を推し量り、人々は何を求めているのかという、定量化できない判断材料を集めることである。

ところがゲリラ演説における聴衆との距離を見るだに、安倍ちゃんはこの2番目の目的も果たす気がないようなのである。

 

目的や結果と結びつかない行動。「XXXをしなければならない」という強迫観念に突き動かされてやっているが、目的に届かずリソースのみ消費する行為。政治に限らず一般的な職業においても、職責に対して能力が追いついていない人がよくやりがちな行為である。

特に、プロジェクトマネージャーであったり、管理職や役員であったり、多くの人を動かす立場の人がこういう行為・行動を見せる時、それに巻き込まれた人々の、精神も含めたリソースの消耗は大きいものになる。*3

安倍ちゃんが見せたゲリラ演説という異様な行動は、そういうことなのである。つまり、我々は総理大臣として適任どころか、政治家の職責に全く能力がそぐわない人物を、国家のトップに据えてしまっているということなのである。*4

 

そもそも政治家とは、周りがどんなに押しとどめても、現役でいる限り、できるだけ聴衆の傍にいようとするものだ。いや、たとえ引退したあとであっても、政治家とは本能的に聴衆の前に身を晒すものなのである。

f:id:po_jama_people:20171007104047j:plain

f:id:po_jama_people:20171007104101j:plain

f:id:po_jama_people:20171007104111j:plain

 

彼らは聴衆から石を投げられてもおかしくないくらい人気がない。

菅や野田は、元総理大臣だというのに駅前で話しても誰も集まってもらえないと、ネットでずっと馬鹿にされ続けている。*5

鳩山など、右翼の街宣車に取り囲まれて威嚇されたことすらあるのだ。


鳩山由紀夫 右翼に絡まれる

 

であるにも関わらず、彼らは常に街に、現場に、嘲笑われても、人に止められても、出ていこうとする。何故なら、彼らは、嘲笑われたり石を投げられたりすることも含めて、聴衆の反応であると納得している。そしてそれを受けることこそ政治家の仕事であると知っていて、腹を括っているからである。

ただその事実だけでも、彼らには少なくとも安倍晋三以上には、政治家としての職責に見合った職能(精神的なものも含めて)があると断言できる。

 

 上記を踏まえて、再度国難ゲリラライブの現場の様子を見てみよう。

f:id:po_jama_people:20171007094114j:plain

 

何がこの国の国難なのか、読んだ人にはもうお分かりのはずである。

*1:国難」ってあだ名、こち亀の「残念」(法条正義→凄苦残念 に改名)みたいでいい感じである。いっそのこと、安倍ちゃんも名前を本当に「国難」に改名したほうが良いのではないか? そのくらいのシャレは効かせていただかないと、とても支持できませんなw

*2:噂だと、ゲリラでやってるので自然に人を集めることはできず、この聴衆も動員かけて無理やり揃えたらしいのである。何やってるんですかねw

*3:何のためにあるのか分からない書類の作成とか、惰性で続いているけどなくならない会議とか、そういうものの元凶である。そして安倍ちゃんも、憲法改正のための憲法改正を訴えている。「憲法かくあるべし」がないので、改憲改憲と色んな所で言っている癖に、「安倍憲法試案」がどこにもないのである

*4:選挙になった → 選挙やる以上、街宣しないといけない → 街宣しなきゃいけないけど、ヤジやプラカード怖い → そうだ、ヤジやプラカードされないように街宣すればいいんだ!(ピコーン → ゲリラ演説

*5:野田の演説は、昼間とかだと本当は結構人集まるらしいけど